スマホゲームのアクセス許可とは?

ゲームアプリや、その他のアプリをインストールして、使おうとした時に出てくる、

これは、「アクセス許可の確認メッセージ」で、インストール時やアプリの初回起動時などに表示されることが多いです。

ここで許可しないと色んな機能を制限されますし、基本的に許可する方も多いと思います。

ですが、「しっかり確認しないと危険なもの」です。

今回は知らないと危険?「アクセス許可」についてみていきたいと思います。

アプリ起動時の「アクセス許可」って?

アプリのアクセス許可とは、簡単に説明すると、

アプリ側がユーザー側に「スマホ内のデータをアプリに渡してもいいですか?」

と質問している感じです。

そして、先ほどの画像だと。。

この画像だと「位置情報をこのアプリで使っていいですか?」と聞いています。

“許可”を選択すると、アプリでカメラ周りの機能が利用でき、

“許可しない”を選択すると、カメラ周りの機能がそのアプリ内で利用できないようになります。

アプリ側がアクセス許可を求める機能って?

アプリ側がアクセス許可を求めてくるものだと、

カメラ
カレンダー
連絡先
マイク
電話
位置情報
SMS
ストレージなど…

こうして見てみると、位置情報や連絡先など…個人情報にが多く見られます。

スマホアプリのアクセス許可の「危険」って?

アクセス許可をしないと利用に制限が掛かって、まともに使えないアプリもあります。

そのため、気にせずにアクセス許可をしている人も少なくありません。

しかし、求められているアクセス許可をよく確認しないと、個人情報が漏れたりスマホが攻撃される危険性もあります。

どうやって注意すればいいの?

アプリレビュー・アプリの説明を見る

アプリをダウンロードする前に必ず、説明とアプリのレビューを確認しましょう。

評価が悪かったり、説明に宣伝文句を多用しているアプリや、不自然な日本語で書かれていないか…を確認します。

不自然なアクセス許可がないかチェックする

インストール前や初回起動時に、不自然なアクセス許可を求めてきてないかも確認しましょう。

例えば・・

音楽再生アプリなのにカメラ機能のアクセス許可を求めてくる…

ゲームなのに電話帳データのアクセス許可を求めてくる…

など、アプリの内容とアクセス許可の内容が、的外れではないかをチェックします。

あと確実なのは、

怪しいアプリは絶対にダウンロードしない

ゲームアプリであれば、

「神業!」「超絶!!」「ネ申!!!!」「課金アイテムが無料でもらえる!」

などの、表現を使ってくるのは、まず疑ってみる方がいいかなと感じます。

パッと飛びつく前に、一度冷静になってアプリを確認してからインストールするようにしましょう。