「クラウドゲーム」のメリット・デメリットって?

一気に注目を集めるようになったクラウドゲーム。

ゲームの未来を感じさせる可能性がありますが、同時にいくつかの不安点も抱えています。

ここではクラウドゲームの仕組みと、メリット・デメリットをみていきます。

クラウドゲームの仕組みは?

通常のゲームはモニターからゲーム機、ゲーム機からコントローラーが繋がっていて、モニターへ映し出すという流れになっています。

この構造の中の、「ゲーム機部分」がクラウド上にあるイメージです。

クラウドゲームのメリット

ゲーム機・ソフトが必要ない

クラウドゲームではサーバ側での処理を行うので、ゲーム機もソフトも用意する必要がありません。

そのため、今までのようにプレイしたいゲームに合わせて、ゲーム機を買う必要がないので、ゲームで遊ぶハードルがグッと下がります。

高画質なゲームが端末に関係なく遊べる

端末はストリーミング再生のみで、ハイスペックなゲームで遊ぶことが出来ます。

インターネットに繋がってさえいれば、あらゆる端末で遊ぶことが可能なんです。

インストールの必要がない

クラウドゲームはゲームデータが必要ないため、インストールしなくてもすぐにゲームで遊ぶことが可能です。

また、スマホでデータ容量を気にする必要もありません。

クラウドゲームのデメリット

遅延が発生する

オンラインゲームもそうですが、クラウドゲームにも遅延が発生します。

特に対戦ゲームでは、少しの遅延でも勝敗に大きく影響するため、データのみを送ることで遅延を少なくしていました。

ですが、クラウドゲームは全てをサーバで処理するため、サーバの状況で遅延が発生する可能性があります。

サーバが落ちた場合は遊べない

クラウドゲームは常にオンラインで遊ぶため、サーバが落ちてしまった場合やオフラインの状態では遊べません。

と、ゲームにおいて、まだまだダウンロード派というのは少数派だと思います。

それぞれのメリット・デメリットをみていくのも大事かと思います。

クラウドゲームはクラウドならではのメリットも多くあります。

今のゲームの遊び方と完全に置き換わることではないので、ゲームの一つの遊び方として、プレイしてみてくださいね。